So-net無料ブログ作成

比較的原価率が低いパスタ

飲食をやるなら粉物以外はNGと言われる昨今。
やはり麺類が中心となる。
その理由はやはり原価の低さにある。
その中で原価率が高そうなイメージがあるパスタだが、やはり粉物と
いわれるだけあって、実は比較的低く抑えられている。
一般的な原価率30%程度である。
しかし、ラーメン屋などと違って人件費やお店の内装、外装、什器など
にもお金がかかってしまうのが現状だ。
特にラーメン屋と違う点は客層で、女性などが多く、オシャレなイメージ
を求めて来店されるお客様も多い。
その分、サラダやワインなどで稼ぎたいところだ。
原価については最も安くあげられるのがぺペロンチーノで、これは約
75円程度でいける。
逆に高額なのがカルボナーラでこれは200円を超えても不思議では
ない。
ランチに割安にして集客し、夜の部で利益を上げようとする店も多い。

タグ:飲食 原価率
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。